最近のトラックバック

カテゴリー

小岩井街道の桜並木に「またも盛岡ナンバーの困ったカメラナン」が・・・。

前日の夕方「小岩井の一本桜」の案配を見に出かけたら、すでに駐車場には30台ほどの「車中泊と思われる車」で埋め尽くされてたのにはびっくりした。とても「コロナ禍の時代」とは思われない状況ですよね~。ナンバーは北は「帯広」から東北6県と「山口」、「神戸」、「京都」、「品川」、「宇都宮」と全国から「桜ハンターの集結」に、「明日(4月23日)の日の出前には撮影に来ない」と決めた。(例年、日の出前から午前6時頃まで200人のカメラマンが集まる。三脚の林が二重、三重にできるので、三密どころの話ではない)

それならばと・・・過去30年は通いつめてる「小岩井街道の桜」に変更、5時30分に到着したが20人のカメラマン(小岩井の一本桜の三密で怖い組か?)がすでにいた。例年なら一人か二人。私一人だけの年あった。だいたい6時30分過ぎからカメラマンの数が増えるのだが・・・、今年は「異常」です。

過去30年間の「小岩井街道の桜」で、マナーの悪いカメラマンを見る事もあったが、許容範囲内の行動なので諦めて立ち去るのを待っていたが(だいたい5分も撮影すれば立ち去る)、今年(2021年)は「15分待ったが、我関せずで撮影を続行してる」ので、「クレーム」を入れにいった。

※ 「写真」をクリックすると大きな画像(1000x666)で見る事ができます。

6113blog011

6113blog012_20210423214301

▲ 2021年4月23日 小岩井街道の桜並木  (岩手県雫石町)

個人的な感想ですが、「小岩井の一本桜」より「小岩井街道の桜並木」の方が好きです。

例年なら、ほとんどのカメラマンは「小岩井の一本桜」に集結するので、いつもカメラマンはガラガラなのですが、今年は20人(午前6時)は集まっていたのですが・・・。

一人の「困ったカメラマン」が現れた。

ほとんどのカメラマンは「岩手山と桜並木」を撮る為に、この撮影スポットに集まるのです。が・・・、

「困ったカメラマン」は遊歩道があるのに、牧草地を歩いて(牧草地は小岩井農場の私有地だから立ち入り禁止)、桜の樹の下で、空に向けてレンズを構えて「夢中になって撮影」を始めた。過去にも「マナーの悪い同じような行動をするカメラマン」もいたが、だいたい5分ほどで切り上げるから、「しゃ~ね~ヤツだね」と黙って黙認してあげるのが「雫石人」です。が・・・「15分たっても夢中で撮影する困ったカメラマン」に、「7時までに家に戻らなければならないから、そこをどいてくれ」と声をかけた。

普通は「すみません」と言って、場所を移動するのだが・・・、まったく無視して動く気配が無い。

猛ダッシュでかけより、同年代のカメラマンに「説教」した。

コロナの時代に、カメラマンが集まる場所に「コロナ禍の時代にノーマスクとはなんだ」とか「牧草地は立ち入り禁止の看板があるだろう」とか・・・。

困ったカメラマンは「またも盛岡ナンバーの車」だった。(この前の鶯宿のカタクリの立ち入り禁止でも盛岡ナンバー)

完全に「盛岡のカメラ愛好家」は嫌いになった。(私は、観光客た素人さんには声を出さない)

20人のカメラマンが黙って私の行動を見ていたが、撮影をしようと戻ったら、「隣の三脚が5M離れていた」には、思わず笑ってしまった。

「長靴に作業服」だったので、カメラマンには見えなかったろうし、「あまりにもの気迫に近寄らない方がいい」と、皆さん思ったのでしょう。

6113blog02

6113blog04

▲ 2021年4月23日 小岩井街道の桜並木  (岩手県雫石町)

30年も通いつめてるので・・・、撮影時間は1分もあれば十分です。

6113blog11

6113blog12

▲ 2021年4月23日 小岩井の一本桜  (岩手県雫石町)

6時30分頃に到着しましたが、40台駐車できるのですが、20台ほどで楽々駐車できました。

NHKの朝ドラ(どんと晴れ)のロケ地になったので、その直後から「全国区の桜撮影ポイント」になり、路上駐車も300台くらいは。

30年前は「満開でもカメラマン」は来ないし、弁当を桜の樹の下食べても「農場の人に注意されなかった(地元に人には農場の人は寛容)です」

私は「鳥屋さん」だったので、(フィルムがもったいない)撮影する事はなかった。鑑賞して、弁当食べて終わり。

デジタルカメラになってから、ほんの数枚撮るようになりました~。

 

コロナ禍の中のGWは・・・「小岩井一本桜」の撮影。

岩手県は「コロナ感染者ゼロ」が続いてますが、「県外に1泊以上したら2週間の自宅待機を要請(罰則無し)」なので、日帰りでの仕事をしてます。日頃の疲れから「必然的にGW中は休養」なのですが、気分転換に自宅から15分で行ける「小岩井一本桜の撮影」に出かけてきました。例年なら(9~11時頃)観光バスや車でごった返してる(1000台位)のに、今年(2020年)は「コロナ禍の影響」で30台ほどでした。岩手ナンバーは私だけで、後は盛岡ナンバーが25台と県外(長野、土浦、品川)が3台に、アジア系女性の二人ずれ(英語での会話)レンタカー。

県外ナンバーの車がいたのには少し驚いたが、三脚を立てて撮影しているのは私一人で、誰も近寄ってこないので、少し安心できました。昨年(2019年の小岩井一本桜には午前4時で200人のカメラマン。三脚の林が出来てました)

5115blog00x

5115blog01a

5115blog01b

5115blog01c

▲ 2020年5月5日 Am10:00頃  小岩井一本桜 (岩手県雫石町)

「小岩井農場は臨時閉鎖」に「一本桜駐車場(30台)は閉鎖」の関係で、みんな路上駐車です。例年なら(晴れの満開)午前中なら2キロ位の路上駐車(500台)なのですが、今年は「コロナ禍のGW」なので、30台ほどでした。

20年前は5台位しか(駐車場がないので、みんな路上駐車)なかったし、30年前は満開時にいつ出かけても「私一人」で、自由自在に牧草地に入れた(柵がなかった)が、「野鳥観察中心なので撮影する事」はありませんでした。牧草に座って「お弁当」を食べる事もできました。

30年前は「誰も小岩井一本桜のロケーション」に気がつかなかったのだが、一人のアマチアカメラマンが「月間カメラ雑誌(アサヒカメラ)」に投稿入選。翌年に二番煎じのアマチアカメラマンが「カメラの〇〇ムラ」にコンテストに大賞だったかを撮り、アマチアカメラマンに「小岩井一本桜」が知り渡りました。その後NHKの朝ドラ「どんと晴れ」で、全国に知れ渡り、観光バスまで来るようになった。

5115blog02j

5115blog02h

▲ 2019年5月4日 Am5:30 「小岩井一本桜」 (岩手県雫石町)

午前5時30分には、ほとんどのカメラマンは「撮影終了」するので、半分も残ってません。午前4時30分頃は200人はいました。

5115blog0201

▲ 2019年5月4日 Am4:15 小岩井一本桜  (岩手県雫石町)

カメラマンは全国(九州~北海道)から集まってきます。例年なら午前4時なら駐車場(30台)に止めれるのですが、2019年は満車で路上駐車になりました。ほとんど車中泊してるみたいで、三脚を立てるスペースもありません。2列目になりました~。

5115blog0205

5115blog02a

5115blog02b

5115blog02c

5115blog02d

5115blog02e

5115blog02f

▲ 2019年5月4日 Am4:30頃  小岩井一本桜  (岩手県雫石町)

「日の出から30秒が勝負」なので、200人のカメラマンがシャッターチャンスを待ってます。1分前までは、隣のカメラマンを会話を楽しんでますが、太陽が出れば「無言になりシャッター音しか聞こえません」

最近は「午前4時頃から30秒に1枚のインターバル撮影する」カメラマンも出てきたので、「シャッター音が気に障る」こともありますね~。

その他のカテゴリー

「その他」 「新型コロナ禍後の新生活」 「映画」 ウッドストック 「音楽」クラシック 「音楽と映画」 のん(能年玲奈) 「麻雀」 『北京オリンピック2022』』 『天体写真』 『思い出の野鳥観察記』 『滝・岩手県』 『蔵出し・野鳥写真』 『野鳥・その他』 『雪と野鳥』 『風景・岩手山』 『Web 写真展』 【動物】 ツキノワグマ 【桜】 【野鳥】 アオアシシギ 【野鳥】 アオサギ 【野鳥】 アオジ 【野鳥】 アオバズク 【野鳥】 アオバト 【野鳥】 アカアシシギ 【野鳥】 アカアシチョウゲンボウ 【野鳥】 アカエリカイツブリ 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ 【野鳥】 アカガシラサギ 【野鳥】 アカショウビン 【野鳥】 アカツクシガモ 【野鳥】 アカハシハジロ 【野鳥】 アカハジロ 【野鳥】 アトリ 【野鳥】 アネハヅル  【野鳥】 アビ 【野鳥】 アメリカヒドリ 【野鳥】 イヌワシ 【野鳥】 ウズラシギ 【野鳥】 ウソ 【野鳥】 ウミアイサ 【野鳥】 ウミウ 【野鳥】 ウミガラス 【野鳥】 エゾムシクイ 【野鳥】 エナガ 【野鳥】 エリマキシギ 【野鳥】 オオジシギ 【野鳥】 オオジュリン 【野鳥】 オオタカ 【野鳥】 オオハクチョウ 【野鳥】 オオハシシギ 【野鳥】 オオハム 【野鳥】 オオバン 【野鳥】 オオホシハジロ 【野鳥】 オオマシコ 【野鳥】 オオメダイチドリ 【野鳥】 オオモズ 【野鳥】 オオルリ 【野鳥】 オオワシ 【野鳥】 オカヨシガモ 【野鳥】 オグロシギ 【野鳥】 オシドリ 【野鳥】 オジロトウネン 【野鳥】 オジロワシ 【野鳥】 オナガガモ 【野鳥】 オバシギ 【野鳥】 カケス 【野鳥】 カシラダカ 【野鳥】 カナダヅル 【野鳥】 カリガネ 【野鳥】 カルガモ 【野鳥】 カワアイサ 【野鳥】 カワウ 【野鳥】 カワガラス 【野鳥】 カワセミ 【野鳥】 カンムリカイツブリ 【野鳥】 キアシシギ 【野鳥】 キジ 【野鳥】 キジバト 【野鳥】 キセキレイ 【野鳥】 キビタキ 【野鳥】 キョウジョシギ 【野鳥】 キリアイ 【野鳥】 キレンジャク 【野鳥】 クイナ 【野鳥】 クサシギ 【野鳥】 クビワキンクロ 【野鳥】 クマゲラ 【野鳥】 クマタカ 【野鳥】 クロガモ 【野鳥】 クロツラヘラサギ 【野鳥】 クロヅル 【野鳥】 ケリ 【野鳥】 コアオアシシギ 【野鳥】 コウノトリ 【野鳥】 コウライウグイス 【野鳥】 コオバシギ 【野鳥】 コオリガモ 【野鳥】 コキアシシギ 【野鳥】 コクガン 【野鳥】 コクマルガラス 【野鳥】 コサメビタキ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 【野鳥】 コシャクシギ 【野鳥】 コノハズク 【野鳥】 コハクチョウ 【野鳥】 コミミズク 【野鳥】 コムクドリ 【野鳥】 コルリ 【野鳥】 ゴイサギ 【野鳥】 ササゴイ 【野鳥】 サシバ 【野鳥】 サバクヒタキ 【野鳥】 サルハマシギ 【野鳥】 サンコウチョウ 【野鳥】 シジュウカラ 【野鳥】 シジュウカラガン 【野鳥】 シノリガモ 【野鳥】 シベリアオオハシシギ 【野鳥】 シマアジ 【野鳥】 シロカモメ 【野鳥】 シロハラホオジロ 【野鳥】 ジョウビタキ 【野鳥】 スズガモ 【野鳥】 スズメ 【野鳥】 セイタカシギ 【野鳥】 セグロサバクヒタキ 【野鳥】 セグロセキレイ 【野鳥】 ソデグロヅル 【野鳥】 ソリハシシギ 【野鳥】 タカブシギ 【野鳥】 タシギ 【野鳥】 タヒバリ 【野鳥】 タンチョウ 【野鳥】 ダイサギ 【野鳥】 ダイゼン 【野鳥】 チゴハヤブサ 【野鳥】 チャキンチョウ 【野鳥】 チュウサギ 【野鳥】 チュウシャクシギ 【野鳥】 チュウヒ 【野鳥】 チョウゲンボウ 【野鳥】 ツクシガモ 【野鳥】 ツグミ 【野鳥】 ツルシギ 【野鳥】 トウネン 【野鳥】 トビ 【野鳥】 トモエガモ 【野鳥】 トラツグミ 【野鳥】 トラフズク 【野鳥】 ナキハクチョウ 【野鳥】 ナベヅル 【野鳥】 ノゴマ 【野鳥】 ノスリ 【野鳥】 ノビタキ 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ 【野鳥】 ハイタカ 【野鳥】 ハギマシコ 【野鳥】 ハクガン 【野鳥】 ハシグロヒタキ 【野鳥】 ハシビロガモ 【野鳥】 ハジロカイツブリ 【野鳥】 ハジロコチドリ 【野鳥】 ハチクマ 【野鳥】 ハマシギ 【野鳥】 ハヤブサ 【野鳥】 バン 【野鳥】 ヒガラ 【野鳥】 ヒシクイ 【野鳥】 ヒドリガモ 【野鳥】 ヒバリ 【野鳥】 ヒバリシギ 【野鳥】 ヒメウ 【野鳥】 ヒメウズラシギ 【野鳥】 ヒメハジロ 【野鳥】 ヒレンジャク 【野鳥】 ビロードキンクロ 【野鳥】 フクロウ 【野鳥】 ヘラシギ 【野鳥】 ベニマシコ 【野鳥】 ホウロクシギ 【野鳥】 ホオジロ 【野鳥】 ホオジロガモ 【野鳥】 マガモ 【野鳥】 マガン 【野鳥】 マダラチュウヒ 【野鳥】 マナヅル 【野鳥】 マヒワ 【野鳥】 マミジロキビタキ 【野鳥】 マミチャジナイ 【野鳥】 ミコアイサ 【野鳥】 ミサゴ 【野鳥】 ミソサザイ 【野鳥】 ミツユビカモメ 【野鳥】 ミミカイツブリ 【野鳥】 ミヤコドリ 【野鳥】 ミヤマガラス 【野鳥】 ミユビシギ 【野鳥】 ムナグロ 【野鳥】 ムネアカタヒバリ 【野鳥】 メジロ 【野鳥】 ヤマザキヒタキ 【野鳥】 ヤマセミ 【野鳥】 ヤマドリ 【野鳥】 ヨシガモ 【野鳥】 ヨタカ 【野鳥】 ヨーロッパトウネン 【野鳥】 ヨーロッパビンズイ 【野鳥】 ワシカモメ 【野鳥】 コシジロウミツバメ 平成30年間のBWベスト10 東北関東大震災

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ