「SL銀河」を待っていたら、「アトリの大群」に出会う。

「SL銀河の本運転」を前に、毎日のように釜石線で「SL銀河の試運転」が行われているので、柏木平~宮守間の「通称サミット」と言う撮影ポイントに出かけて来た。

「SL銀河」通過3時間前に「サミット」に到着したら・・・、(当然一番乗りです)すでに「3本の置き三脚」があり、朝から不愉快な思いをした。が・・・、置き三脚があるけどPB(ポールポジション)は広い空間に・・・。それを見たとたんに「腹ただしい思い」もすっかり消えてましたね~。

1332blog001

「サミット」には3セットの置き三脚がありました。私は一番乗りをしたので(列車通過3時間前)どんな人が置き三脚をしているのか、そちらに俄然興味が沸いてきました。

1332blog002

PB(ポールポジション)がぽっかり空いていたので、すかさず自分のカメラをセットしました。置き三脚の持ち主は60代過ぎの関東ナンバー2人と、30代のプロカメラマン?(名前も顔も知りませんが、道具たてで判断しました。三脚とレンズを見ればわかりますし、今では見る事もないキャノンのプロ用ストラップをつけてた)でした。

プロカメラマンが「置き三脚」をするようでは、アマ&ハイアマも真似するのでしょうね。私は「先着順が一番公平な場所取り」だと思うのですが。「野鳥写真」ではありえない話ですね。

「鉄道写真」は、昨日今日はじめたばかりの素人ですが、「野鳥写真(休業中であまりえらそうな事は言えないが)」はそれなりの場数は踏んでるので、「マナーにはうるさい」で~す。(笑)

1332blog01

1332blog02

▲ 2014年3月26日  「アトリ」  柏木平サミット(遠野市)

12時過ぎに「アトリの大群」が帯のように稜線を越えて行きました。時間にして3分位の大移動です。その中の一部が地面に降りたので、600ミリは持っていなかったが、300ズームで手持ち撮影しました。他の「鉄な人」が誰も来てなくてラッキーでした。(野鳥は目に入らないだろうし、アトリの大群をみても感動もしないでしょうから)

1332blog03

1332blog04

▲ 2014年3月26日 「SL銀河」  サミット(釜石線・遠野市)

南斜面の雪はすっかり消えてしまいました。北斜面も雪が消えると、個人的には魅力は感じません。新緑を待つしかないですね。でなければ「600のF4(ロクヨン)」で、でっかく開放で撮って遊ぶしかないかな?

そうそう、オラも20年前に「キャノンのプロ用ストラップ」をもらったが、普段使っていないので、何処にやっただろう。欲しいと言わないのに勝手にくれたのを思いだしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みちのくSLギャラクシー」の追っかけを・・・。

フジテレビが「JR東日本」とタイアップして、「SL銀河の車両」を使い、2日かけて釜石から上野まで600キロを走る企画を3月7~8日に行われた。勝手知ったる釜石線を走るとのことなので、7日は「SLギャラクシーの追っかけ」をする事にした。普段はじっくりタイプの私ですが、1、5Mの三脚を持って(仕事で使ってる)いるので、追っかけをしても後ろから撮影できるだろうと思い(鉄な人は踏み台ていどの三脚がほとんどです)撮影してみた。

1312blog01

▲ 2014年3月7日 1発目は「大松コ線橋」からスタート  鉄な人は3人

いの一番に「大松カーブ」に寄ってみたが、駐車スペースもない位の混雑(列車通過20分前)だったので、方向転換もできなく、バックで「おおケンド(国道)まで出なければならなかった。30~40人はいたと思います。

ここは(大松カーブ)は「置き三脚の名所」なので、最悪の撮影ポイントです。岩手のお立ち台(有名撮影ポイント)で、「置き三脚」は見たことが無いので、「SL銀河」とともにやって来ましたね~。基本的には「先着順」で、「置き三脚」をするのであれば、現場で車中泊するのが「野鳥写真」では常識です。「SL銀河はみんなのもの」の考えがあれば「先着順」が一番公平でしょう。

通過5分前でも、なんの苦労する事なく「SL銀河(みちのくSLギャラクシー)」を撮る事ができました。

1312blog02

Img_4339yyysil3 

▲ 2014年3月7日 2発目は「上有住ガーダー橋」です 鉄な人は20人

通過5分前に到着。ここは100人いても撮れるような場所なので、苦労する事なく三脚を立てる事ができました。一番最後の到着だったのですが、最高の撮影ポイントがぽっかり空いてました。釜石道で「大松カーブ」に向かう時に(45分前)一人三脚を立ててる鉄な人がいましたが、皆さん、その並びに立ててました。私は最初から「この場所」と決めて三脚を立てるので、自分の思う場所に三脚を立てれなければ、直ぐ移動して次の場所に行きます。頭の中にはA、B、Cの三通りは常に考えてます。

1312blog04

1312blog05_2

▲ 2014年3月7日 3発目は「平倉大カーブ」です 鉄な人は4人

通過10分前に到着。下り坂の大きなカーブなので、「煙は出ない」ことは知ってましたが・・・、「フジテレビの取材日」なので、サービスで煙を出してくれる事を期待した。やっぱり駄目でした。

1312blog06

1312blog07

1312blog08

1312blog09

▲ 2014年3月7日 4発目は「宮守サミット」です。 鉄な人は30人 

通過30分前に到着。1、5Mの三脚が役たちましたね~。三脚に乗って手持ちで撮影しました。ここも「人気撮影ポイント」で~す。

1312blog10 

1312blog11

1312blog12

▲ 2014年3月7日 5発目は「土沢カーブ」です。 鉄な人は20人

自分の性格は「ストレート」なのですが、「鉄の写真はカーブがお好き」で~す。(笑)

釜石線は無数に「カーブ」や「S字カーブ」があるので、おいおい全ての「カーブ」を撮ってみたいですね。最大の障害は・・・、熱しやすく飽き易い性格なので「コンプリート(完全制覇)」はないでしょうね。いつも途中で飽きてしまいます。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「SL銀河」と「秋田新幹線こまち」の撮影事情

イーハトーブ岩手の鉄としては、「E6スーパーこまち」のデビュウに始まり、「E3こまち」の引退、そして「SL銀河」の本運転と・・・。実に2013年~2014年は忙しい1年でしたね~。

撮影事情としては、秋田新幹線は多くても20人ほどですが、「SL銀河」には100人はゆうに越える人が集まるので、思うように撮影できない現実があります。8割は県外ナンバーなので、「SL銀河の人気」は半端ではありません。

それと・・・、秋田新幹線には「置き三脚」はないですが、「SL銀河」の人気撮影ポイントには「置き三脚」があるので、落ち着いてくれるまでは(置き三脚が無くなるまでは)思うように撮影できないでしょう。4月の本運転が始ったら、一人でじっくり撮影できる撮影ポイントを開拓するしかないですね。

1310blog02

1310blog01

▲ 「秋田新幹線 E3こまち」

1310blog04

1310blog03

▲  「秋田新幹線 E6こまち」

1年間、30回ほど撮影に出かけましたが、「誰にも(他の鉄な人)会うことは無かった」ですね。一人でじっくり撮影する事ができました。と言っても「誰もこない」ので、通過20分前に到着しても時間が余るので、最近は5~10分前に到着して撮影してます。

1310blog05

▲ 釜石線 洞泉~陸中大橋 通称「大松カーブ」の置き三脚です。

いくら早起きしても「自分の思う場所」に三脚が立てれないので、当分落ちつくまでは、このポイントでは撮影できないでしょうね。

1310blog06

▲ 「甲子川橋梁」(釜石線) 

通過10分前に到着しました。同業者(鉄な人)は10人ほどでした

1310blog07

▲ 「上有住駅の発車」(釜石線)

通過20分前に到着しました。同業者(鉄な人)は10人ほどでした。

1310blog08   

▲ 「小山田カーブ」(釜石線)

通過15分前に到着しました。同業者(鉄な人)は10人ほどでした。

1310blog10

▲ 「幸田S字カーブ」(釜石線)

通過30分前に到着しました。同業者(鉄な人)は30人ほどでした。

1310blog11

▲ 「大松カーブ」(釜石線)

通過5分前に到着しました。同業者(鉄な人)は40人ほどでした。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

週末は「SL銀河」撮影三昧

1と2の週末は「SL銀河の撮影」をする事にした。釜石線は「撮り鉄さんの大変なにぎわい」になってて、有名撮影ポイントでは「置き三脚が当たり前」と言う感じで、どうにもならないですね~。「ついに岩手の鉄にも置き三脚が出現」したと言う感じです。

宮沢賢治先生が空から見て「置き三脚」にあきれているでしょう。

私は「置き三脚のある場所は避けて」、一人静かに撮影しているのですが・・・、「SL銀河」通過20分前頃から、「どどっと10人、20人と撮り鉄さん」が押し寄せてくるので、静かに撮影できません。

1308blog01_2

1308blog02

1308blog07 

▲ 2014年3月1日 「幸田Sカーブ」

30分前に到着。私一人でしたが・・・、10分前に3台5人の撮り鉄さんが現れ、ファインダーの中に入りました。普通は「撮影者がいないか確認する」もんなのですが、「追っかけ撮影する人」はあわててるので余裕がないんでしょうね。

ちいさな声で「入ってます」と言ったら、私の後ろに来ることなく「脱兎のように車で移動」していきました。

1308blog04

1308blog03

▲ 2014年3月1日  「宮守~柏木平」

バックの車は「SL銀河の追っかけの車」です。柏木平の信号交差点が「渋滞」するんですから、まずびっくりしますは。

1308blog08

▲ 2014年3月1日 「青笹カーブ」

根性は真直ぐなのに、「鉄は曲がってる所がお好き」で~す。(笑)

1308blog09

▲ 2014年3月2日 「大松カーブ」

ここは「置き三脚」があるのでポイントなので好きではありません。今日は「SL銀河通過30分前に到着(私が一番最後でした)」。開いてる場所からパチリと1枚です。

1308blog11

▲ 2014年3月2日 「サミット」

サミットは50人はいたんじゃないかな?。私はずれてコ線橋の上から撮影しました。毎回こんな感じでしょうね。私はいつでも来れると思うので、「人ごみは敬遠」してしまいます。

1308blog06

1308blog12

▲ 2014年3月2日 「幸田Sカーブ」

上り花巻行きは煙が出ません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソチ五輪も終り、遅ればせながら「SL銀河」撮りを始動する。

ソチ五輪も終り、やっと「SL銀河」の撮影を落ち着いて撮影する気分になった。と言うことで、26と27日は仕事の合間に撮影する事ができた。(追っかけの撮影は出来ないので、一日1ヶ所、30分以内です)

「野鳥撮影」と違って、レールの上を時間通りに通過するので、まず間違いなく撮影できるのが「鉄道写真」のありがたいところですね。

1307blog01

▲ 2014年2月26日 「宮守めがね橋」

釜石線と言えば「めがね橋」をはずすわけには行かないので、いの一番は「宮守めがね橋」と決めていた。暖冬の中のドカ雪(遠野市は雪の少ない北上山地なので)なので、よくもまあ雪が残っていてくれたと感謝してます。それと~、年々「黄砂の影響」で、春の「青空」は貴重なので、とても運が良かったですね~。

「雪と青空とめがね橋のSL銀河」は、1回雨が降ってしまうと雪が消えてしまうので、29と30の試運転はどうなんでしょうね。

1307blog02

▲ 2014年2月26日 「宮守めがね橋」

縦画像でも撮ってみました。

1307blog03

1307blog04

1307blog05

▲ 2014年2月27日 「大松カーブ」

ここは晴れると逆光になり、影が出来るので「太陽が出ないでくれ」と祈ったら、願いが通じたのか、この日も運がよかったですね~。2日連続だから「強運」なんでしょうね。ちゃちゃと撮影し、後は「仕事に専念」でした。定時に運行してくれる「SL銀河」には感謝、感謝で~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

《東北の桜》 三春滝桜 | 《東北の桜》 合戦場の桜 | 《東北の桜》 塩ノ崎の大桜 | 《東北の桜》 桧木内川堤防の桜並木 | 《東北の桜》 角館武家屋敷の桜 | 《風景》 仏ヶ浦 | 《風景》 北山崎 | 《風景》 雫石郷の紅葉 | 《飛行機》 ブルーインパルス | 「いわての滝」 五丈の滝 | 「いわての滝」 姉滝 | 「お城」 二本松城 | 「お城」 会津若松城 | 「お城」 盛岡城 | 「お城」 米沢城 | 『SL』 SL銀河 C58形239号機 | 『ホタル』 | 『新幹線』 E7系  | 『新幹線検束車』 イーストアイ | 『滝・岩手』 逢滝(おうたき) | 『滝・岩手』 釜淵の滝 | 『滝・岩手』 鳥越の滝 | 『滝・茨城』 袋田の滝 | 『自転車・ポタリング』 岩手県 | 『鉄道』 三陸鉄道南リアス線 | 『鉄道』 八戸線 | 『鉄道』 北上線 | 『鉄道』 奥羽本線 | 『鉄道』 山田線 | 『鉄道』 東北新幹線 | 『鉄道』 東北本線 | 『鉄道』 水郡線 | 『鉄道』 田沢湖線 | 『鉄道』 磐越東線 | 『鉄道』 磐越西線 | 『鉄道』 秋田内陸線 | 『鉄道』 秋田新幹線 | 『鉄道』 羽越本線 | 『鉄道』 釜石線 | 『鉄道』 釜石線 SL銀河 | 『鉄道』 阿武隈急行 | 『鉄道』 陸羽東線 | 『SL』 SL銀河ナイトクルーズ | 【もういちど 野鳥観察】 | 【私家版・雫石十景】 鳥越の滝 | 【篭脱け】 コキンメフクロウ | 【野鳥】 アオアシシギ | 【野鳥】 アオバズク | 【野鳥】 アオバト | 【野鳥】 アカエリヒレアシシギ | 【野鳥】 アカガシラサギ | 【野鳥】 アカショウビン | 【野鳥】 アカツクシガモ | 【野鳥】 アカハシハジロ | 【野鳥】 アカハジロ | 【野鳥】 アネハヅル  | 【野鳥】 アメリカヒドリ | 【野鳥】 イヌワシ | 【野鳥】 ウズラシギ | 【野鳥】 ウミアイサ | 【野鳥】 エリマキシギ | 【野鳥】 オオハクチョウ | 【野鳥】 オオハシシギ | 【野鳥】 オオホシハジロ | 【野鳥】 オオマシコ | 【野鳥】 オオメダイチドリ | 【野鳥】 オオモズ | 【野鳥】 オオルリ | 【野鳥】 オオワシ | 【野鳥】 オカヨシガモ | 【野鳥】 オグロシギ | 【野鳥】 オジロトウネン | 【野鳥】 オナガガモ | 【野鳥】 オバシギ | 【野鳥】 カナダヅル | 【野鳥】 カワアイサ | 【野鳥】 カワセミ | 【野鳥】 キアシシギ | 【野鳥】 キジバト | 【野鳥】 キビタキ | 【野鳥】 キョウジョシギ | 【野鳥】 キリアイ | 【野鳥】 キレンジャク | 【野鳥】 クサシギ | 【野鳥】 クビワキンクロ | 【野鳥】 クマゲラ | 【野鳥】 クマタカ | 【野鳥】 クロガモ | 【野鳥】 クロヅル | 【野鳥】 ケリ | 【野鳥】 コアオアシシギ | 【野鳥】 コウノトリ | 【野鳥】 コウライウグイス | 【野鳥】 コキアシシギ | 【野鳥】 コクガン | 【野鳥】 コクマルガラス | 【野鳥】 コサメビタキ | 【野鳥】 コシャクシギ | 【野鳥】 コハクチョウ | 【野鳥】 コミミズク | 【野鳥】 ササゴイ | 【野鳥】 サシバ | 【野鳥】 サルハマシギ | 【野鳥】 サンコウチョウ | 【野鳥】 シジュウカラ | 【野鳥】 シジュウカラガン | 【野鳥】 シノリガモ | 【野鳥】 シベリアオオハシシギ | 【野鳥】 シマアジ | 【野鳥】 シロハラホオジロ | 【野鳥】 ジョウビタキ | 【野鳥】 スズガモ | 【野鳥】 スズメ | 【野鳥】 セイタカシギ | 【野鳥】 セグロサバクヒタキ | 【野鳥】 ソデグロヅル | 【野鳥】 ソリハシシギ | 【野鳥】 タカブシギ | 【野鳥】 タシギ | 【野鳥】 タンチョウ | 【野鳥】 チゴハヤブサ | 【野鳥】 チャキンチョウ | 【野鳥】 チュウサギ | 【野鳥】 チョウゲンボウ | 【野鳥】 ツルシギ | 【野鳥】 トウネン | 【野鳥】 トビ | 【野鳥】 トラフズク | 【野鳥】 ナベヅル | 【野鳥】 ノスリ | 【野鳥】 ノビタキ | 【野鳥】 ハイイロヒレアシシギ | 【野鳥】 ハギマシコ | 【野鳥】 ハクガン | 【野鳥】 ハシグロヒタキ | 【野鳥】 ハチクマ | 【野鳥】 ヒシクイ | 【野鳥】 ヒバリシギ | 【野鳥】 ヒメウズラシギ | 【野鳥】 ヒメハジロ | 【野鳥】 ビロードキンクロ | 【野鳥】 フクロウ | 【野鳥】 ヘラシギ | 【野鳥】 ベニマシコ | 【野鳥】 ホウロクシギ | 【野鳥】 ホオジロガモ | 【野鳥】 マガン | 【野鳥】 マダラチュウヒ | 【野鳥】 マナヅル | 【野鳥】 マミジロキビタキ | 【野鳥】 マミチャジナイ | 【野鳥】 ミコアイサ | 【野鳥】 ミサゴ | 【野鳥】 ミヤマガラス | 【野鳥】 ミユビシギ | 【野鳥】 ムナグロ | 【野鳥】 ヤマザキヒタキ | 【野鳥】 ヤマセミ | 【野鳥】 ヤマドリ | 【野鳥】 ヨシガモ | 【野鳥】 ヨーロッパトウネン | 【野鳥】 SP鳥 | 〔巨石探訪〕 三ツ石神社 | 〔巨石探訪〕 続石(つづきいし) | その他 | ニュース報道 | フィルム資産 | ラグビー観戦 | リスペクト | ロードレーサー | 写真雑感 | 探鳥地 小本川河口 | 東北関東大震災 | 私の見た「鳥の巣と生態」観察ノート | 鉄道 | PROバードガイド 盛岡・雫石倶楽部